慰霊碑参拝記録
 千葉県
日露戦役紀念碑(丸太集会所)
建立場所
 千葉県習志野市津田沼4-1 菊田公民館向 丸太集会所入口

趣旨(英霊)
 従軍者の顕彰

碑文
「裏面」
 ・下記
 ・従軍者氏名を兵種別に刻印
 ・病死者2名の御芳名を刻印

* 山縣有朋 書
明治二十七八年戦役は帝国曠古の偉業にしてその国威を世界に輝かしたり 始め露国の盟を渝にるや陸に海に和が軍の向かうところ堅として敗れざるなく強として摧けざるなし金州南山??遼陽奉天守を失い難攻不落の旅順を亦終に降り又此の秋に方り久久田区民汗して身を軍籍に列するもの実に四十有五人一夕に動員下令の下るを聞くや義勇公に奉ずるは今日なりと覚悟し或は来耜を棄て牙籌を抛ち或は鉅鏧を放ち筆硯を措き奮善身を挺して軍に従い雨と降る弾丸の中を行進し水泥脚を没する悪路を事ともせず黄塵靣を掩う漠野を物ともせず溽暑を冒し厳寒を凌ぎ至る處に勇戦健闘して以て天壌無窮の皇運を扶翼し奉ることを得たり斯く屢危地に陥り萬死の間に出入せしに拘らず殆ど功名を全ふして郷里に凱旋することを得たるは豈千古の光栄にあらずや是に於いて同区在郷の兵士相謀り従軍の紀念を永遠に傳え以て世の子弟をして国家的観念を発揮せっしめんとし余に文を請はる余も亦此の戦役に出征兵士の心を以て心となし聊力教育上に力を致したるもの焉そ不文を以て辞すべけんや依って其の???ること斯の如し
  ??高等小学校長 吉野 茂助 撰す
慰霊碑一覧

inserted by FC2 system