慰霊碑参拝記録
 新潟県
長岡市戦災殉難者慰霊塔(平潟公園)
  建立場所
 新潟県市長岡市表町1-6-1 平潟公園(平潟神社隣接)

趣旨(英霊)
 

碑文
 建設主旨
 昭和二十年当時の長岡市は戸数1万3千、人口6万7千余でありました。
 しれが八月一日の戦災で わずか二時間ばかりのうちに八割二分に当たる家屋を焼失し 市長の殉職をはじめ千三百余の市民がその犠牲となったのであります
 それから十三年その惨状は昨日のことのように 今なお市民の記憶から離れないのであります
 この塔はその殉難の霊を慰めるとともに このような不幸を再び繰り返さないよう願いをこめて 一般からの寄付金及び県と市の補助金によって これを建設したものであります
  昭和三十三年八月一日
   長岡戦災殉難者慰霊塔建設委員会
【副碑】
   この塔は 昭和三十三年平潟神社境内地に建設され 長岡戦災殉難者遺族会により管理されてきた その後 歳月の経過とともに老朽化が進んだため 戦災五十周年を機に市民の浄財も得て 長岡市が現在地に移転修復したものである
  平成七年八月一日
      長岡市
【長岡市戦災殉難者慰霊塔 案内板】
 昭和20年8月1日の夜 長岡市は空襲を受けた。
 大量の焼夷弾が投下され、旧市街地の約8割が焼失、1400余名の尊い命が奪われた。中でも平潟神社境内では多数の人々が犠牲となった。
 その惨状は市民の胸奥から消えず、有志達が発起して、昭和33年平潟神社境内に慰霊塔を建立した。
 その後、歳月の経過とともに老朽化が進んだため、山菜50周年にあたる平成7年 市民の浄財も得て長岡市がここに移転修復した。
 党内には鎮魂と平和の願いをこめ、犠牲者の名簿が収められている
    長岡市教育委員会 
慰霊碑一覧

inserted by FC2 system