指定護國神社参一覧表・参拝記録 
新潟縣護國神社  
  鎮座地
 新潟県中央区西船見町5932-300 (日本海に近い)

御祭神
 戊辰戦争(新潟戦争)における官軍戦没者416柱を始め、日清・日露・各事変と先の大東亜戦争に至るまでの新潟県ゆかりのご英霊79729柱を祀る

御由緒(沿革):(栞)
 明治元年10月29日、新潟市常盤岡(現在、新潟市中央区旭町一番町、新潟大学医学部)に「招魂社」(しょうこんしゃ)を祀り、 明治維新の際、国事に殉難したご英霊の慰霊祭を行ったことに始まります。(平成20年には創祀140年)
 明治8年、新潟招魂社となり、明治10年には新たに社殿が建立されました。
 明治34年、官祭社「新潟招魂社」となり、昭和14年内務省令により「護國神社」と改称。
 規模些少により昭和16年7月、内務大臣指定社たる「新潟縣護國神社」を建建することが決定され、 同17年5月8日より県内各地より延べ25万余人の勤労奉仕で毎日百名以上、時には2千人、一日平均七百五十人の県民が真夏の太陽の下、奉仕に汗を流した。80余万円(現在に換算約三十億円)浄財により、昭和20年5月に竣工しました。
 5月4日鎮座祭、5日「旧招魂社」より416柱の御神霊をご遷座、8日初の大祭を斎行、ご遺族・戦友・関係者多数が参拝され現在の芝生の部分も人々で埋め尽くされる程であった。
(続)
 そのわずか三ヶ月後8月15日終戦を迎え12月俗に言う「神道指令」が発令され「宗教法人」となる。 同24年GHQの影響を受け「新潟神社」と改称したが28年には「新潟縣護国神社」に復称した。
 同39年昭和天皇皇后の御親拝を始め新潟県に御来県の折、又記念の年など折ある事にご皇室よりご崇敬をいただいております。
 境内松林の中には新潟県の遊歩道が設けられ、各文学碑があり、新潟市民の憩いの場として親しまれています。  
 ホームページ :  新潟縣護国神社  
 海辺に近い、自然林に囲まれた雄大な感じの護国神社だった。観光ルート(隣接する公園)に入っているのか、一般観光客らしい参拝者が多かった。
 慰霊碑は、参道の左右両側に整然と建立され、清掃等整備は綺麗になされており、その配慮に感謝いたします。ただ、配置が参道の一段高いところにあり、各慰霊碑の正面間近で慰霊参拝できないのが残念であった。
 「下から見上げるだけでなく、慰霊碑の前に立てるように、登れる工夫」があると良いのではと感じた。
 迎賓館は、洋風で神社の施設には感じなかった。結婚披露宴が主なのでなのでやむを得ないのか?神社の維持も考慮しないとね。
 境内施設
【本殿(側面から)】
 【御朱印】
 【第1鳥居・社号標】
【迎賓館TOKIWA(結婚式場)】
 
【明治大学戦没学徒忠靈殿】
近代日本における対外戦争50年余の間、明治大学関係者は多数の戦没者を出した。その数は分かっていない。
大東亜戦争終戦の際、混乱のなかで奉納の戦没者名簿が紛失したといわれるが、その数は学徒出陣を中心に、2000名余とも3700名余とも云われる。

1939年に大学は戦没者記念碑として、「忠霊殿」を建立した。
これは駿河台旧図書館(現研究棟前)内に置かれ、毎年7月10日に慰霊祭を行ってきた。

大東亜戦争の戦没者も合祀され、1950年、関係者の尽力により新潟縣護國神社に移され、明治大学校友会新潟支部(現新潟地域支部)主体となって例祭を行ってきた。

このたび、護國神社の御厚意により、同本殿脇に「明治大学戦没学徒忠霊殿」が新たに建立されたのを機に、 この間の経緯を記し、世界平和を願い永遠の追悼を誓うことになった。

         2007年6月 明治大学
慰霊碑等
【平和の礎】
  *碑文
 この碑は、過ぐる大戦において祖国の平和と郷土の繁栄を念じつつ散華された新潟県関係の軍人、軍属、在外邦人及び内地戦災者のみたまを慰めるため、全県民の祈りをこめて、昭和43年3月に建てられたものであります。
 われわれはこの尊い礎に対し感謝の誠を捧げるとともに平和への思いを新たにし明るい豊かな郷土の建設に邁進することを誓うものであります、
 願わくば松風薫るこの丘を御霊のこよなき憩の場とされて安らかに鎮まりますよう祈念致します。
   昭和43年3月
     新潟県知事 亘 四郎

*碑の構成
 格子とびらを境として内側を内陣、外側を外陣といいます。


・塔:大理石で形は「護国の柱」を表し、散華された人々を象徴しています。
・塔の前の礎石:大理石で「平和」を表しています。
・像:大理石で向かって右側の女性像は「祈り」を表し、左側の男性像は「誓い」を表れています。
・格子とびら前の台:黒御影石を用いた祭壇です。
 【男性像:誓い】  【護国の柱:散華された人々】 【女性像:祈り】
     
【慰霊之碑】 
  「ソ連抑留本県出身死歿者の慰霊碑」


碑文(副碑)
 第2次大戦は日本のポツダム宣言受諾により終戦となったが連合軍の一員であるソ連軍のみは宣言を守らず60余万人の奨兵を強制抑留し極寒のシベリアで数年間に及び苛酷な重労働を強制し、飢えと寒さのなか遂に力尽き祖国生還の希いも空しく本県出身者1600余名は無念の死を遂げた
 辛うじて生還し得た私達はシベリア抑留死没者の冥福を祈り 再び戦争のない世界の恒久平和を祈念しこの碑を建立する
 平成5年8月吉日
  財団法人全国強制抑留者協会新潟県支部
            慰霊碑設立委員会
【慰霊塔】
   「近衛歩兵第三連隊の慰霊塔」
 明治18年(1885年)に編成された近衛師団隷下の連隊

*  近衛歩新潟県出身戦没者の氏名が副碑に彫られている。  

         
【第三中隊慰霊碑】
 
 「歩兵第百十六連隊第三中隊慰霊碑」

 歩兵第百十六連隊は、昭和12年9月、、新発田市の歩兵第十六連隊を基幹に編成された。

  平成5年8月15日に建立
      副碑:  戦没者御芳名 刻印
      
【元歩兵第116連隊第2中隊の樹 植樹記念碑)
  「碑文」
三つの祈
1 先の大戦で散華された戦友の冥福を祈る
2 祖国の復興に尽くし病没された戦友の冥福を祈る
3 風雪に耐え幾山河越えきりし戦友の健康長寿を祈る

 歩兵第116連隊長
  陸軍歩兵大佐 岩下栄一 書

 平成3年4月15日 建立
【慰霊平和】
    皇太子徳仁殿下と雅子妃殿下の御成婚記念と戦没者慰霊

  平成6年3月
   元近衛歩兵第一連隊有志 建立
【流雲碧空】
  碑文
 この碑は第二次世界大戦において祖国日本の平和と愛する人々の幸せを祈り、学窓から敢然と大空の決戦に挑み、勇戦散華された本県出身の海軍飛行予備士官及び当支部の発展に寄与された物故戦友の慰霊と顕彰の為生存同期生有志が建てたものである
  平成9年9月
  社団法人 白鴎遺族会新潟県支部
  海軍飛行予備学生生徒有志 建立
【鎮魂慰霊之碑】
   新潟県出身で戦没した海軍の軍人や軍属を慰霊

 平成7年5月27日
  終戦50周年記念
   新潟県海交会一同 建立

*会長 伊藤義雄 書
【予科練鎮魂之碑】
   新潟県出身の海軍飛行予科練習生戦没者の慰霊

碑文:予科練(7つボタン)の歌

碑文(裏面)
 海軍飛行予科練習生の制度は昭和5年6月 横須賀海軍航空隊で第1期生が入隊してより 昭和20年8月の終戦に至る僅か15年の短い歴史で有るが 若冠10有余才の少年達が空の護りに志を抱き、鉄石の訓練に耐え 国難に就きました。
 其の間制度の変遷を見て甲種、乙種、丙種、特乙種の呼称のもと総数24万余名が入隊し実に1万8千余名が空に、海に、陸に若い蕾を散華されました。
 新潟県出身者も数百名の英霊が護国神社に祀られて居ります。
 遅きに過ぎたと雖もここに予科練鎮魂之碑を建て、先輩、同期、同窓の御霊を慰め光輝ある予科練の歴史を記す
  昭和63年11月吉日 
  新潟県出身予科練鎮魂之碑建立委員会 建立
 
【軍馬の霊を慰む】
   馬は重要な輸送手段だった。日本各地の軍馬補充部で馬の飼育と調教を行い、軍馬として各地の戦場に送り出した。

 軍馬は実によく働き、使用する日本軍将兵と強い絆で結ばれていた。
 しかし、殆どの軍馬は生きて再び日本の土を踏むことは無かった。
【鎮魂】
   
  平成元年5月、
   第十三師団歩兵第百十六連隊第七中隊戦友会 建立
【戦没犬慰霊碑】
  碑文:
 大陸に訓え育てし愛犬の 英姿しのばん 霊よ 安かれ  
  (軍犬の横顔が彫られている)

  平成2年4月
  元関東軍軍犬育成所 所員一同 建立
【陸運少年飛行兵新潟出身戦没者 慰霊の碑】
  碑文
 戦いが終わって此処に40年  死んで行った友の霊を弔う
 生き残りの戦友たちの悲しくて強い 平和への願いが何時までも
 消える事の無い様に 悲願の碑となった 
 戦友並びに御参加皆様方の御芳名を刻んで 以て
 後世にその志を残さんと欲したのであるが許されず 心残りである

    昭和60年11月 建立
      勲二等 ?
(←)
陸軍少年飛行兵制度(少飛)は、昭和9年(1934年)に始まった陸軍の航空要員(空中勤務者・地上勤務者)を養成する制度であった。海軍の予科練と並んで当時の全国の少年達の憧れであり、全国から優秀な人材が集まった。その為、非常に高い競争倍率であったという。終戦までの間に約45000名の卒業生が巣立ち、陸軍航空の主力を担う下士官航空要員として各地の戦場で活躍した。

* 元内閣総理大臣 中曽根康弘 書
【野戦重砲兵第十五聯隊之碑】
  細部不明
【近衛歩兵第2聯隊軍旗拝受百周年記念碑】 
   近衛歩兵第二連隊は、明治7年(1874年)1月23日、近衛歩兵第三大隊と同第四大隊を基幹として編成され、軍旗を拝授した。


    昭和49年8月
     近歩二会新潟県支部 建立

* 第30代近衛師団長 飯田貞固書


【植樹記念】
    第十三師団歩兵第十六連隊第二歩兵砲小隊戦友会 建立
【 慰霊植樹】
   歩兵第十六連隊第三機関銃中隊
 昭和十五年兵戦友会  建立
【解散記念碑】
  碑文

 先の戦争で、戦傷病の後遺症の残る傷痍軍人が昭和27年新潟県傷痍軍人会を結成、同年財団法人日本傷痍軍人会を結成する。
 傷痍軍人の妻が本会と一体となっての活動を目指し昭和32年新潟県傷痍軍人妻の会を結成、昭和36年財団法人日本傷痍軍人妻の会を結成する。
 両会は国家補償の理念に基く処遇の確立を目指し一体となっての活動により傷痍恩給の復活・戦傷病者援護法制定・妻の特別給付金の実現等所期の目的を達成する。
 会員の高齢化と減少等により已む無く茲に全国組織と同時に解散する。
 両会が存在した証として、又再び戦争による傷痍軍人を生じない平和な世界を希求してこの碑を建立する。
  平成25年11月30日
 

*新潟縣護国神社 宮司斎藤伸雄 書
【コヒマ戦没者之碑・ビルマ戦没者碑】 (戊辰役殉難者墓苑内)

 昭和53年9月17日、独立輜重兵第五十五中隊の関係者によって建立
 
昭和48年12月、ビルマ方面軍司令部員・本間由雄氏によって建立
【綏芬河の碑】(戊辰役殉難者墓苑内)
 
*碑文
 我等は国策により 新潟県郷土中隊として 昭和十八年六月 山崎喜三治隊長以下三九九名が綏芬河義勇隊訓練所に入所
 昭和二十年八月七日 ソ連軍が侵攻し 九日に無防備無抵抗の隊員を銃撃 四十数名の若い生命が奪われた生き残った隊員も逃避行中に飢と寒さで 満州の荒野で数多く他界した
 平成元年 二年と 亡き拓友の終焉の地 八道橋を訪ねて供養を行った
 平成二年十月 綏芬河会総会で有志相図り 亡き友の鎮魂と 若き日の友情を刻み この地に綏芬河の碑を建立する
   平成三年七月七日
     綏芬河訓練所有志

*副碑
 北満の何処に眠るわが拓友の みたま安かれ護国の杜に

 綏芬河義勇隊現地殉難者並びに物故者 (御芳名刻印)
 【満州開拓殉難者の碑】 (戊辰役殉難者墓苑内)
   碑文
 国策の名のもと国家の勧奨に基づき民族協和と新しい村作りに挺身してきた満州開拓青少年義勇隊報国農場員等が昭和20年8月9日戦局の急変に遭い爾来銃弾に病魔に飢餓に酷寒に続続と斃れ遂に異境の土と化した者実に5千 まことに痛恨極まりないところである ここにこれ等殉難の霊を慰め永遠の平和を祈願してこれを建てる
  昭和34年8月15日
   新潟県開拓民自與会

       
【戊辰役殉難者墓苑】
*鳥羽伏見戦争に始まる戊辰役の戦火は,新潟市街にも及び,西軍(薩摩,長州,高鍋,新発田)と東軍(米沢,会津,庄内)の双方に多くの死者が出た。

*昭和二十年、戊辰戦争西軍戦死者の墓碑がこの地に移管。
*昭和六十年に新潟大学本部敷地から東軍のものと思われる九十二体の遺骨が発見されここに埋葬されております。
 【戊辰 薩藩戦死者墓】
 
   【戊辰役戦没者招魂碑:十津川隊】
 【高鍋藩兵戦死塚碑】
 【大津藩船殉難者慰霊】
 【西軍戦死者の墓】
【戊辰役東軍慰霊碑】
護国神社
   
inserted by FC2 system